施設紹介

Facility

施設紹介

院内案内

外観

歩道から少しだけ奥まったところに入口がございます。青い看板が目印です。

待合室受付

ガラスドアを多く使用し、明るく開放的な空間です。出入り口を2か所に設けておりますので、大きなワンちゃんをお連れの場合でもスムーズに出入りすることが可能です。

待合スペース(入口左側)

待合スペースがございます。

待合スペース(入口右側)

待合スペースがございます。大きなワンちゃんでも気兼ねなくお待ちいただけます。

診察室

診察台を4台ご用意しております。4名の獣医師がそれぞれ診察を行います。

診察室

診察室

各部屋に診察台と診察用モニターが設置されています。

精密検査機器

血液検査(白血球や内臓機能の評価)、尿検査、糞便検査、細胞診、心電図、血圧測定などを行います。

手術室

徹底した衛生管理と、血管シーリングシステムなど多数の最新設備を導入し、手術の安全性を高めています。

入院室

入院している動物をいつも気にかけられるよう、常に獣医師の目が届く場所に入院室を設けています。感染症を患っている動物たちは、一般入院室とは別の隔離室での入院管理を行っています。

レントゲン撮影室

DR(デジタルレントゲン)を導入し、従来のレントゲン機器よりもより早く、より精度の高い撮影を行うことが可能です。撮影した画像は瞬時に診察室のモニターに映し出すことができます。

検査室

超音波(エコー)機器を使って、お腹の中の臓器や心臓の動きをリアルタイムに見ることが可能です。動物に負担をかけずに病気の診断に役立ちます。

輸血

病気や手術で輸血が必要なケースに備え、当院では院内の献血ネットワーク(犬・猫)を作っています。献血にご協力くださっている皆さまのおかげで輸血治療が可能になりました。
*ドナーにご協力くださるご家族を随時募集しております。ご協力いただける方はスタッフにお声をかけていただけると幸いです。詳しくはこちらをご参照下さい。

Equipment

設備紹介

検査関連機器

超音波検査器

ペットの体内の組織や器官を非侵襲的に観察するための診断装置です。
心臓や肝臓、腎臓、脾臓などの内臓の状態を調べるために使用されます。

DR(デジタルレントゲン)システム

ペットの健康状態を診断するために使用される画像診断システムです。X線装置で撮った画像をデジタル画像に変換するために用います。

ベットラボステーション

顧客管理ソフトと双方向接続することで、すべての検査結果を一元管理することができます。

全自動血球計算器

血液中の赤血球、白血球、血小板などの血球成分の数を自動的に測定する検査装置です。

免疫反応測定装置

免疫反応を検出・測定する装置です。抗原と抗体の反応を利用し、感染症やアレルギーの診断に使われます。試料と試薬を反応させて、光学的または電気化学的に測定します。

血液生化学分析装置

血液などの生体試料から、生体内の物質や代謝産物を分析するための検査装置です。
病気や異常を早期に発見することができます。また、治療後の経過をモニターするためにも使用されます。

小型尿分析装置

尿の化学物質や生体パラメータを測定する装置です。ポータブルで手軽に使用でき、健康状態や疾病の診断に役立ちます。尿サンプルを装置に投入し、迅速な結果表示と腎臓の機能や糖尿病管理に貢献します。

小型高速遠心機

血液や尿などの生体試料を高速で回転させることにより、異なる成分を分離する装置です。血液検査や尿検査などの検査に使用します。

顕微鏡

微細な試料を拡大して観察する装置です。病気や病原体の診断に使われ、細胞の状態を確認します。

手術・入院関連機器

内視鏡装置

柔軟な管状カメラで体内を観察します。消化器や呼吸器の病変を検出し、非侵襲的な診断や治療を可能にします。

超音波手術システム

超音波を使った精密な手術ができる装置です。出血を最小限に抑え、傷の形成や回復時間を短縮します。安全かつ効率的な手術を実現します。

高周波焼灼電源装置

組織を焼灼するための装置です。高周波電流を使用して出血を止めたり、腫瘍を除去したりします。獣医師の手術効果を最大化し、術後の回復を促進します。

電気メス

組織を切開するための電気切開器具です。高周波電流を使用して、精密で正確な切開を行います。電気メスは手術中に出血を最小限に抑え、組織を確実に切り離すことができます。獣医師の手術の効果を向上させ、術後の回復をスムーズに促進します。

血管シーリングシステム

高周波電流を使って血管を封じる装置です。出血の止血や血管の閉塞に使用され、手術や治療の効率化を図ります。

オトスコープ

耳の内部を観察するための器具です。光源と拡大レンズが付いており、耳の状態を確認することができます。診断や治療計画に重要な役割を果たします。

動物用麻酔器

動物を安全かつ快適に麻酔するための装置です。麻酔薬を制御した量で動物に供給し、手術や検査時に無痛で安定した状態を維持します。

動物用生体情報モニター

動物の心拍数、呼吸数、体温などをリアルタイムで監視する装置です。獣医師が動物の健康状態を確認し、異常を早期に検出できます。安全なモニタリングと効果的なケアをサポートします。

シリンジポンプ

正確な薬物の自動投与を行う装置です。獣医師が設定した速度で薬液を注入し、効果的な治療を支援します。

高圧蒸気滅菌機

高温高圧の蒸気で器具や機器を完全に滅菌します。感染リスクを最小限に抑え、安全な環境を提供します。

ガス滅菌機

化学ガスを使って器具や機器を滅菌します。熱に敏感な物品の滅菌に適しており、高い除菌効果を持ちます。安全な滅菌を確保し、感染リスクを軽減するために利用します。

動物見守りシステム
monipet

非接触性のセンサーが入院動物の体動を検知し、異常を知らせてくれるシステムです。夜間の入院動物の管理に重要な役割を担っています。

歯科・その他

動物用歯科ユニット

動物の歯科治療に使用される装置です。歯のクリーニングや抜歯などの処置が可能で、歯の健康維持に役立ちます。


ページトップ