献血犬紹介
Category:未分類

千葉県獣医師会学術年次大会2018年3月6日

3月11日(日)千葉県獣医師会学術学会が開催されます。小動物部門では15例の症例発表があります。この中から優秀発表を選出し、関東地区学会で発表していただくことになります。今回は発表者側ではなく、審査員側のため、発表者の講演要旨を見て発表内容の把握に努めています。いつまでたっても勉強ですね。新しい知識を動物達の健康維持に役立てたいものです。

Category:未分類

異物を飲み込んだ!2018年3月6日

食べ物以外を飲み込むワンちゃんが来院します。もしかしたら飲み込んだかもしれない?という主訴で来院されます。今回検査をしたところ胃から十二指腸にかけて異物が見つかりました。
不整脈も出現しており、外科手術はリスクが心配でした。そこで内視鏡検査をしたところ、胃内に異物を見つけたため異物カンシを使用して摘出できました。元気にワンちゃんをおかえしできて良かったです。人間の内視鏡検査は、無麻酔で実施できますが、動物は動くので、全身麻酔が必要です。

Category:未分類

うらやす市民大学講演2018年2月20日

今日は、うらやす市民大学にて講演してきました。少しでも受講生の皆様のお役にたてれば幸いです。

Category:未分類

タイ国カセサート大学訪問2017年12月13日

タイ国カセサート大学を表敬訪問しました。

 

CIMG1111

 

CIMG1108

 

タイカレン族訪問

Category:未分類

赤芽球癆症例2017年7月26日

貧血を主訴に来院した症例。検査結果は赤芽球癆という疾患でした。骨髄内で赤血球産生障害が起きていました。輸血と原疾患治療が必要です。治療には大変時間がかかる疾患です。

Category:未分類

猫の下顎骨髄炎症例2017年6月20日

左下顎枝の骨髄炎の猫症例来院しました。下顎皮膚から出血しており、鼻閉音と食欲不振がみられ、各種検査によって血小板減少、咽頭部炎症が見つかりました。検査結果を待って治療を開始する予定です。高齢動物は疾患を抱えているケースがとても多いです。原因疾患を治療することで苦痛無く寿命を全うさせてあげたいと考えています。

Category:未分類

右上顎第4前臼歯根尖膿瘍を呈した18歳のミニチュアダックスフント2017年6月15日

18歳のミニチュアダックスフントが左眼下から膿を出して来院した。歯槽膿漏重度であったため全身麻酔下、歯石除去と抜歯を実施した。左上顎第4前臼歯は根尖膿瘍重度で左眼窩皮膚から排膿していたため抜歯処置を実施した。現在左眼下皮膚排膿部は完治し口臭も消失した。健康であれば高齢であっても麻酔処置は可能です。主治医の先生と相談してください。

Category:未分類

左上顎歯肉に癌が発生し抗がん治療を開始した免疫不全ウイルス陽性高齢猫2017年6月15日

高齢猫が左上顎歯肉に癌が発生し来院しました。FIV陽性で若干白血球数は低下していました。飼い主様の了解が得られましたので、抗がん治療を開始しました。第1回目の抗がん治療後、がんはほぼ退縮し、1カ月経過後、肉眼的にがんは消失しました。
症例猫は、免疫不全ウイルスに罹患していますが、がんは非常にうまくコントロール出来ています。

Category:未分類

千葉県獣医師会表彰式 菊田先生表彰風景2017年4月18日

IMG_0938[114]

Category:未分類

鎌倉建長寺桜祭り見学2017年4月18日

IMG_1051[115]

1 2 3 4 5 6
このページのトップへ戻る